沖縄本島で旅行をする場合、交通手段はどうするか迷ったことはありませんか?レンタカー付きのツアーも多くあるので悩みますよね。ここでは沖縄旅行で利用できるいろいろな交通手段について紹介していきます。旅行に行く際はぜひ参考にしてみてください。

レンタカーを利用する場合

レンタカーを利用するメリット

観光客でにぎわう沖縄県を巡るならばレンタカーがとても便利です。何故なら沖縄県にある主要な観光スポットは、各地に点在しているからです。沖縄県にはバスやモノレールといった公共交通機関はありますが、それ…

+ See More +

レンタカーを利用するデメリット

効率良く沖縄各地を巡るために、多くの人がレンタカーを利用します。時間の節約になるし急な天気の変化にも対応できてとても便利ですが、レンタカーを借りるデメリットもあるのです。それは、駐車で苦労するケー…

+ See More +

レンタカーで行くおすすめドライブコース

沖縄といえば、首里城のような歴史的建造物もあれば美ら海水族館や国際通りなど多くの観光地を有しています。また、沖縄県内にはビーチがたくさんあり、海水浴に訪れる人も少なくありません。沖縄を旅行するので…

+ See More +

>

観光地やグルメが充実していて人気の沖縄の旅行

レンタカー以外の交通手段

バスのメリットとデメリット

沖縄では、鉄道以外の交通手段として県内を走るバスが充実しています。沖縄本島ほぼ全域にバスが通っているので、沖縄の隅々まで回ることができますよ。また、バスなら一人での旅行から大人数の団体旅行にまで対…

+ See More +

モノレールのメリットとデメリット

沖縄旅行の交通手段として、唯一の電車が沖縄本島を走るモノレールです。「ゆいレール」と呼ばれ、那覇空港駅から首里駅までの12.5キロメートルを走ります。走行時間は27分と、レンタカーやバスよりも早い…

+ See More +

タクシーのメリットとデメリット

タクシー利用のメリット

沖縄県内において、本島の県庁所在地を走るモノレール以外に電車は存在しません。バスは各地を走っていますが、大都市のようにハイペースでやってくるわけではないという側面もあります。その他、高速道路に関しては本島の南部から中央部までを走っているのみです。そういった環境のため、タクシー利用には大きなメリットがあります。特に1泊2日程度の短期旅行の中ではタクシーが役立ちます。もし本島の空港を出て県庁所在地以外の観光スポットに行きたいとなると、モノレールは利用できません。しかし、タクシーがあれば空港を出てから一切待つ必要なく目的地までわずかな時間で向かう事ができます。1つ目の目的地から2つ目の目的地に移動する際も、バスを長く待つ必要はなく短期旅行の中でも多数の観光地を巡れます。

タクシー利用のデメリット

ただし、タクシー利用にもデメリットは存在します。具体的に言うと、モノレールやバスの運賃はかなり安いのに対してタクシーは約300m走るごとに80円から90円の料金が加算されます。つまり10km乗るだけでも2500円から3000円のコストがかかるわけで、1日に40km乗ると運賃は1万円を超えてしまいます。沖縄は本州からかなり離れた場所に位置するため、飛行機の運賃だけでもかなりのお金がかかってしまうのが難点です。その上に2日分のタクシー代金として1万円から2万円のお金を用意するとなると、お金の余裕がなければ現地での食費を切り詰めたりホテルのグレードを落としたりする必要が出てきます。駅やバス停で長く待たないといけないとしても、運賃が安い乗り物を利用すれば食費や宿泊費をカットする必要かないため、移動コストの高さは大きな利用デメリットです。

© Copyright Go Around Okinawa. All Rights Reserved.